童貞卒業体験談

年上の大学生にリードしてもらって童貞卒業した

更新日:

自分は高校3年生まで付き合うまでいかず、好きな子ができ、告白しても振られ続けていました。

中学1年生の時から告白して振られた回数は5回ほど。

なかなか彼女ができない自分を見かねて小学生の時から仲良い女の子が女の子を紹介してくれました。

【初めてのお付き合いまで】

仲良い女の子が紹介してくれた女の子は自分より1つ年上の大学生でした。

年上の女の子と連絡を取ったりするのが初めてでした。

自分がリードするより相手がリードしてくれる方が自分的にはありがたかったので、相手リードで連絡を取り合い、デートを何回もして、仲良くなり、どちらが告白するわけでもなく、自然と二人の空気は付き合ってる状態になっていました。

【ついに童貞を卒業】

付き合ってる空気になってからある日、彼女から一人暮らししている部屋に来ないかと誘われました。

女の子の部屋に行くのが初めてだった自分は興奮していました。

そういう空気になってもいいようにパンツも綺麗なものにし、体や口が臭くないようにこまめに洗い、鼻毛がでていないか変な所から毛が出ていないか鏡で確認してから向かいました。

彼女の部屋に入り、落ち着かずそわそわしていると彼女に「女の子の部屋に来るの初めて?」と言われ、初めてのくせに意地を張ってしまい「何回もあるよ。」と強がってしまいました。

今考えれば彼女は自分が女の子の部屋に入るのが初めてなことに気付いていたのだと思います。

その時は突然にやってくるものなのだと焦りました。

彼女と自分はテレビで映画を観ていました。

自分はあまり好きじゃないラブストーリーだったのですが、することもなくぼーっと観ているとなにか視線を感じ彼女の方を見てみると映画を見ないで自分のことを見てるではありませんか。

この空気はまさかと感じたので、そのまま押し倒せばよかったのでしょうが、思わず「どうしたの?」と聞いてしまいました。

すると彼女の方から近づいてきてくれてキスをしました。キスもこの時するのは初めてでした。

女の子の唇って柔らかいと感じました。

この空気は初めての経験をすることになると思うと緊張のあまり体が固まってしまい、その先にいけない自分に見かねたのか、彼女の方が優しくリードしてくれて初めてのセックスをしました。

その時の記憶は緊張のあまり、今では曖昧な記憶しか残っていませんが、これほど気持ちよかったことは経験したことありませんでした。

-童貞卒業体験談

Copyright© 童貞卒業.jp - 出会い系で脱童貞した体験談 , 2017 AllRights Reserved.