童貞

中年童貞って恥ずかしいもの?比率では少数派だけど…

更新日:

そもそも中年童貞って?

中年とは、青年(16歳~30代前半)と老年(50代後半~60代後半)の中間である30代後半~50代前半とする説と、青年(10代後半~20代)と中年(30代~50代)とする説があります。

明確な基準はありませんが、大まかに30代から50代を中年と呼びます。

また、童貞とは、辞書によると

  1.  まだ異性と肉体関係をもったことがないこと。また、その人。ふつう男性にいう。
  2.  カトリック教の尼僧。

と記載されており、一般的には1の意味で使われています。

つまり中年童貞とは、30~50代の性行為の経験のない男性の事を指しています。

 

童貞にはマイナスイメージがある

当たり前の事ですが、生まれたての赤ちゃんは、みんな等しく童貞です。幼い男の子もみんな等しく童貞です。

子どもから大人としての成長の過程で、あるいは大人として成熟してから、恋人や結婚相手と出会い、恋をして、それぞれのタイミングで性行為を経験すると非童貞となります。

そのため、30歳になっても、40歳になっても、50歳になっても、童貞の男性は、大人として成熟していないという、マイナスなイメージを持たれやすくなってしまいます。

 

でも、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

童貞 = 未熟な男性でしょうか?

非童貞 = 成熟した男性でしょうか?

決してそうではありません。

 

童貞でも、人としてマナーをきちんと守り、良識があり、立派で成熟している人もいれば、非童貞でも、あるいは性行為の経験が豊富な人でも、社会人として良識に欠けた人もいます。

童貞は、成熟していないというマイナスイメージは正しいものではありません。

 

童貞って何歳からが少数派なの?

30歳まで性行為の経験がない男性は、魔法使いになれるという都市伝説はご存知でしょうか?

2002年頃からインターネット上で爆発的に広がったネタです。

念のため断言しておきますが、これは事実ではなく、30歳を過ぎて童貞のままでも残念ながら、魔法を使えるようにはなりません。

この都市伝説を目安にすると、一般的に、30歳まで童貞の男性は少数派と考える事ができます。

ちなみに人口問題研究所で調査したところ、30代の独身の日本人男性の25%、40代の独身の日本人男性の8%、50代の独身男性の1.5%が童貞という結果がでています。

確かに少数派ですが、珍しいとも言えない数字だと思います。

 

童貞は個性の1つ

今の日本は超情報化社会です。インターネットで世界中とつながり、クリック1つでどんな事でも調べる事ができるようになりました。

童貞と検索しても、非童貞と検索しても、ものすごい件数の検索結果が出ます。

ためになる知識や情報がある一方で、間違った知識や情報が載っている事も多いです。

偏ったものや、悪意に満ちたもの、見た人が傷つく内容もあります。

たくさんの情報や様々な価値観に溢れた中で、本当に正しい事が分かりにくくなってきているのかもしれません。

童貞には、未熟だとか、恥ずかしいだとか、可哀想だとか、気持ち悪いだなんてイメージがありますが、それも個人の感じ方、考え方だと思います。

世の中には、様々な考えを持つ人がいます。

なので、なかには「童貞なんて気持ち悪い」と思う人も、「性行為をした事がないなんて可哀想」と思う人も「童貞って恥ずかしい」と思う人も存在しています

ですが、もっとたくさんの人が、童貞という理由だけで、マイナスな印象を持ったりはしません。

童貞は個性の1つです。

良い事でも、悪い事でもありません。

もちろん、性に関するデリケートな事ではあるので、誰にでも気軽に、場所も選ばず、自分からペラペラと話すのは好ましいとは言えませんが、そのような配慮ができている人なら、童貞でも気に病む必要はないです。

マイナスなイメージを持たれやすい童貞ですが、大切なのは童貞か、非童貞かではなく、年相応の礼節や常識があるのか、社会に貢献できているか、他人に適切な気配りができるかなどの人間性です。

-童貞

Copyright© 童貞卒業.jp - 出会い系で脱童貞した体験談 , 2017 AllRights Reserved.